カテゴリー: 援交

援助交際が無くならない背景

携帯電話やパソコンでインターネットにつながっている環境があれば、誰とでもつながれる現代、援助交際もそれを上手く隠れ蓑としていまだに後を絶つ様子がありません。
援助交際は違法行為として厳しく罰則が科せられていて、人々にも関わることの危険性が周知されているにも関わらず、援助交際は減るどころかむしろ増えている傾向にあるようなのです。
特に1990年代は援助交際に関する犯罪や事件があれほど報道されていたのに、未だに懲りていない人もいるのです。しかし、家族離散といった悲惨な人生を後悔してからでは遅いです。
出会いアプリへ参加する人が増えてきたり、セフレサイトの認知度も上がるにつれて、援助交際への認識も影響されているのでしょうか。
男性としては、ネットでなら若い未成年の女の子と知り合ってみるのも魅力的に感じるはずです。
実際に援助交際を募集している書き込みは掲示板を見てみるとかなり数が多いので、需要が沢山あることが分かります。
相手にも困っていないのなら、援助交際がこのまま後を絶つこともないように思えます。
男性が無理やり女性に行為を強要するのならともかく、援助交際では女性側も積極的になっていますから、両者の合意のもとでこっそりつづけられている限りは摘発も難しいのでしょう。
ですが、女性の方ではいくら自分で選んだと言っても、身体を売ることで精神に傷をつけてしまう人も多いです。
一生悩み続ける女性もいますから、やはり安易に手を出さないように、援助交際への認識を何とか最初のうちに替えていかなければならないでしょう。
援助交際は犯罪であるという事実を、
もっと強調されるべきではないかと思います