援助交際OBによる体験談

援助交際は若い女の子たちにとって、お金を稼ぐための最終手段のようなものでもありますが、それも大人の女性になって自分でも稼げるようになれたら、ほとんどの女の子が卒業していきます。
援助交際を卒業した経験のある女性たちの事はいわゆる援助交際OBとも言われていますが、彼女たちは今まさに渦中にある若い女の子たちの身を、同じ経験者として本気で心配しながら、助けになるように活動をしている人もいます。
ある援助交際OBの女性は、自分が若いときに体を打っていたお金はその多くを貯金にも回していたので、幸いにもそれを結婚資金として良縁に恵まれていたため、今では過去をすっかり清算して幸せな家庭を築いている様子です。
彼女も昔はアルバイトで真面目に働いていた時期もありましたが、友人からの紹介をきっかけにそれよりもずっと効率よく稼げる援助交際の話を言いて、つい手を出してしまったのだそうです。
時給800円位のアルバイトを何時間も続けるよりは、ちょっとくらいリスクを覚悟すれば数時間で1日1万円稼げるのも不可能ではない風俗関係の仕事には、目もくらんでしまうのも仕方がないでしょう。
援助交際を始めるまでにはどんな女の子でも迷いや葛藤があるでしょうし、決断までには時間がかかったでしょうが、一回経験してみれば感覚がどんどん麻痺していき、
それからは全く自分のしている行為に何のためらいも疑問も持たないままで惰性で続けてしまうという状況に陥りやすいです。
援助交際で稼いだお金がばれないように、彼女もコンビニATMをローテーションで活用するといった工夫を凝らしながら、何とか家族にもばれずにしばらく続いたそうです。
最初は嫌だったものの、次第に慣れていくと完全にアルバイト感覚で行えたそうです。援助交際にすっかり慣れてしまう前に、何とか抜け出せないようにしないと、手遅れになる恐れもあるでしょう。