月別: 2017年11月

援助交際OBによる体験談

援助交際は若い女の子たちにとって、お金を稼ぐための最終手段のようなものでもありますが、それも大人の女性になって自分でも稼げるようになれたら、ほとんどの女の子が卒業していきます。
援助交際を卒業した経験のある女性たちの事はいわゆる援助交際OBとも言われていますが、彼女たちは今まさに渦中にある若い女の子たちの身を、同じ経験者として本気で心配しながら、助けになるように活動をしている人もいます。
ある援助交際OBの女性は、自分が若いときに体を打っていたお金はその多くを貯金にも回していたので、幸いにもそれを結婚資金として良縁に恵まれていたため、今では過去をすっかり清算して幸せな家庭を築いている様子です。
彼女も昔はアルバイトで真面目に働いていた時期もありましたが、友人からの紹介をきっかけにそれよりもずっと効率よく稼げる援助交際の話を言いて、つい手を出してしまったのだそうです。
時給800円位のアルバイトを何時間も続けるよりは、ちょっとくらいリスクを覚悟すれば数時間で1日1万円稼げるのも不可能ではない風俗関係の仕事には、目もくらんでしまうのも仕方がないでしょう。
援助交際を始めるまでにはどんな女の子でも迷いや葛藤があるでしょうし、決断までには時間がかかったでしょうが、一回経験してみれば感覚がどんどん麻痺していき、
それからは全く自分のしている行為に何のためらいも疑問も持たないままで惰性で続けてしまうという状況に陥りやすいです。
援助交際で稼いだお金がばれないように、彼女もコンビニATMをローテーションで活用するといった工夫を凝らしながら、何とか家族にもばれずにしばらく続いたそうです。
最初は嫌だったものの、次第に慣れていくと完全にアルバイト感覚で行えたそうです。援助交際にすっかり慣れてしまう前に、何とか抜け出せないようにしないと、手遅れになる恐れもあるでしょう。

少女たちが援助交際によって傷つく

お金やぜいたくな暮らしへの欲求は、一度旨みを得るとどんどんとその欲望は膨らんでいくもので、援助交際にはまっている若い女性たちもその罠にはまってしまっている可能性が大きいです。
モノに溢れている現代ではお金さえあれば自分の好きなものがほとんど変えるようになっているので、自由にお金を使ってどんどん欲しいものを手に入れたいという欲求はいったん始まれば際限がありません。
特にメイクやファッション、アーティストのライブなど流行ものにどんどんお金を賭けたい若い女性たちにとっては、お金はいくらあっても足りないように感じられます。
ほとんどの女の子たちは、アルバイトをしてから自分で自由に使えるお小遣いを増やそうとしますが、もっと稼いでみたいという欲が出て援助交際に興味を持ってしまう女の子たちも残念ながら一定数いるものです。
まだ世の中の危険性について十分に実感できていない若い女の子たちは、援助交際の危険性やリスクについても、せいぜい家族に怒られたりとか警察に補導されるといったくらいしかイメージがしにくいでしょう。
しかし実際には援助交際にもっと数多くのリスクが潜んでいますし、見知らぬ男性と会うだけでもかなり危険であるのを意識しなければならないと思います。
家がある程度お金を持っていて、少々のお小遣いには困っていない環境の女の子でも援助交際に手を出す場合がありますが、彼女たちはぜいたくを知っているだけにその欲望も抑えにくくなっているのでしょう。
若いほど見栄を張りたいとか刺激的な体験を経験してみたいといった欲求は強いですし、その手段として何でもいいから手っ取り早く稼げるのであれば援助交際への抵抗も少なくなるのです。
ですが、援助交際をきっかけに暴力を振るわれたり勝手に盗撮動画を公開されたりして一生残る傷を負う女性も少なくありません。

援助交際が無くならない背景

携帯電話やパソコンでインターネットにつながっている環境があれば、誰とでもつながれる現代、援助交際もそれを上手く隠れ蓑としていまだに後を絶つ様子がありません。
援助交際は違法行為として厳しく罰則が科せられていて、人々にも関わることの危険性が周知されているにも関わらず、援助交際は減るどころかむしろ増えている傾向にあるようなのです。
特に1990年代は援助交際に関する犯罪や事件があれほど報道されていたのに、未だに懲りていない人もいるのです。しかし、家族離散といった悲惨な人生を後悔してからでは遅いです。
出会いアプリへ参加する人が増えてきたり、セフレサイトの認知度も上がるにつれて、援助交際への認識も影響されているのでしょうか。
男性としては、ネットでなら若い未成年の女の子と知り合ってみるのも魅力的に感じるはずです。
実際に援助交際を募集している書き込みは掲示板を見てみるとかなり数が多いので、需要が沢山あることが分かります。
相手にも困っていないのなら、援助交際がこのまま後を絶つこともないように思えます。
男性が無理やり女性に行為を強要するのならともかく、援助交際では女性側も積極的になっていますから、両者の合意のもとでこっそりつづけられている限りは摘発も難しいのでしょう。
ですが、女性の方ではいくら自分で選んだと言っても、身体を売ることで精神に傷をつけてしまう人も多いです。
一生悩み続ける女性もいますから、やはり安易に手を出さないように、援助交際への認識を何とか最初のうちに替えていかなければならないでしょう。
援助交際は犯罪であるという事実を、
もっと強調されるべきではないかと思います

女の子が援助交際にのめりこむ理由

大人びている女子中高生が増えている中、若いうちから積極的に性的話題に関して興味を示し始めている女の子も少なくないようです。
そういう話題に敏感になり始める男子中学生のように、少女たちの方でも、セックスの話題に触れる情報が身近に溢れています。
少女向けの雑誌でもすでにそのような特集が組まれていることは珍しくありませんし、テレビや映画、ドラマなどのメディアはもちろんの事、インターネットを見てみれば誰にでも容易にアダルトな情報に触れられるようになっています。
これだけアダルト系の話題が身近に溢れていると、まだ10代前半という子供のような年齢でも、自然にそちらに意識が向かっていくのは自然なことですね。
そんなアダルト系の情報を見ているだけならいいですが、そのうちに好奇心が抑えられなくなってきて、自分でもそんな体験をしてみたいと考えてくる10代の少年少女たちが出てくるおそれもあります。
特に、まだ中学生くらいの女の子にとって、まだ早いうちから貞操や倫理観に対する考え方に影響を与えてしまうと、その女の子の身を危険にさらしかねません。
インターネットを見ていれば、若い女の子でも手軽にお金をゲットできる手段として援助交際の話題にたどり着くかもしれません。
まだ自分で稼げる手段がなく、限られたお小遣いのなかで物的な欲求を満たすのが難しい中で、欲しいものに対するあこがれが大きい思春期の子供たちは、沢山のお金をもらえるという話を聞けば、
それがちょっと危なそうなことであったとしても誘いにのりやすいかもしれません。
女の子は雑誌やテレビで紹介されている高額なブランド品を欲しがることも多いですが、それは一般的な家庭だと容易に手に入りませんし、最も手っ取り早い手段として援助交際が気になり始めるようになります。
インターネットで、援助交際の目的で集まっているサイトを探してみれば、身体の関係を持つだけで高額なお小遣いをくれそうな男性が大勢いますから、女の子の方もつい誘惑に駆られてしまうのでしょう。
出会いアプリには未成年の女の子は登録できないようになっていますが、それでも規制が甘いサイトはいくつかあるでしょうし、どこに入り込んでいるのかもわかりません。
援助交際で簡単に稼げる体験を味わってしまうと、それが病み付きになって抜け出せなくなるという罠もあります。まだ子供のうちに道を踏み外さないようにするためには、援助交際とはかかわらないに越したことはありません。