若い女の子が多少リスクを冒しても援助交際を選ぶ理由

援助交際が違法行為で後で大変なリスクがあると分かっていても、それでも耐えることが無いのは、そこには特に若い女の子たちによってはやむを得ない事情があったり、大きな旨みから離れられなくなるからではないでしょうか。
女の子の方から積極的に男性を誘って、巧妙に未成年であることを隠しつつ気づかないうちに犯罪の片棒を担がせているという、何も知らない男性にとっては恐ろしいケースもあります。
女のが援助交際をしているのがばれたら、厳しく補導される程度で生姜、深刻なのは男性側です。
リスクに比べてリターンの方が大きいように思えれば、若い女性たちの間ではこれからもお金を稼ぐ手段としての援助交際が廃れることはないでしょう。
1回あたり3万円?5万円ももらえる仕事があると聞けば、誰でも誘惑に駆られるのではと思います。
しかも若い女性たちは、自分で多くのお金を稼げるまでは自由に好きなものを買えなかったり、厳しい労働環境に身を置き始めたばかりでストレスを抱えているので、そこから解放されたいと願って援助交際に手を出してしまうのです。
ですが、女の子側も補導される以外にも、援助交際の様子を悪意ある人に盗撮されてインターネット動画として全国に公開されたり、不特定多数の男性とかかわってどこかで性病をうつされるといった、
予想していた以上のリスクが潜んでいるのにも気づかなければなりません。

リスクを承知で出会い系やアプリで援交募集する若い女の子たち

援助交際はいろいろなリスクを秘めています。
まず、れっきとした「売春行為」ですから、警察に見つかった場合には罪に問われます。
男性なら逮捕、女性も同様で未成年者なら少年院に送られる可能性も充分あります。
さらに、援助交際が関係する事件や事故がテレビや新聞でもしばしば報道されているように、犯罪やトラブルに巻き込まれる危険性も少なくありません。
しかもそれらはほんの数件が表沙汰になっただけで、実際にはもっとたくさんの事件や事故が発生しているのです。
このようにさまざまなリスクのある援助交際なのに、行なっている女性の数がいつまでも減らないのはどうしてなのでしょうか。
その自信はどこから?
そのひとつに、お金が挙げられます。
簡単に多額のお金を手にすることのできる援助交際を一度経験してしまうと、容易にやめることはできないのでしょう。
また、その他の理由として考えられるのが危機感の欠如で、その根底にあるのが「自分だけは大丈夫」という考えなのです。
「自分だけはバレない」「自分だけはトラブルに巻き込まれない」彼女たちはそう考えているのです。
しかし、この何の根拠もない自信がどこから生まれるのかは大いに謎です。
逆に、これまで何も起こらなかったのが運が良かったといえるのが援助交際の実情なのですから。
援助交際と携帯電話の関係
援助交際は昔から存在していますが、そのハードルを低くした原因のひとつは携帯電話だといえるでしょう。
昔の援助交際の相手を見つける方法としては、街でのナンパ待ちやテレクラでアポを取ったりといったものがありました。
でも、そう簡単に相手が見つかるものではなかったのです。
ところが、携帯電話から始まり最近のスマホの普及で、出会い系サイトや出会いアプリを利用することが非常に簡単になってしまったのです。
携帯電話から出会い系サイトに援助交際の相手募集の書き込みをしておけば、あとは誘いのメールが来るのを待つだけです。
誘いのメールはいくらでも来ますから、その中で自分の条件に合った相手を選んで簡単な交渉を済ませればセッティングは終了、簡単に援助交際が可能となるわけです。
今や携帯電話やスマホは大半の人が持っていることから、問題は簡単に誰もが援助交際に手を出せる環境にあるという点です。
日頃から頻繁に利用している身近な存在である携帯電話というツールが、援助交際をすることへの抵抗を少なくさせているのかもしれません。
女性だけが悪いんじゃない
しかし、悪いのは援助交際をする女性だけではないのは当然です。
売り手である女性がいくらたくさんいても、それを買う男性がいなければこの「商売」は成り立たないからです。
つまり、買い手である男性の存在こそが援助交際がなくならない最大の理由なのです。
とはいえ、これまでもこういった売春行為への規制は昔から何度も行なわれてきましたが一度として消滅したことはありません。
この世に男と女がいる限り、こういった行為がなくなることはおそらくないのでしょう。
援助交際の魔力
いけないこととわかっていながら、援助交際をする女の子の数が減らないのはどうしてなのでしょうか。
その理由の大半は「お金」です。
援助交際をする女性の大部分は女子高生ですが、彼女たちがアルバイトで稼げる金額などそう多くはないのが実情でしょう。
時給800円程度の仕事を放課後の2時間、一ヶ月働いたとしても4万円くらいにしかなりません。
おしゃれをしたい、いろいろと遊びたい、美味しいものも食べたい、そんな彼女たちにとってはそんな金額では到底足りないのです。

簡単に稼げるけれども
ところが援助交際なら、一回3万円程度が相場で上手くいけば5万円というケースもあります。
一ヶ月間しんどい目をしてアルバイトをして得られる金額が、一度男性の相手をするだけで手に入るというわけです。
たとえばそれを週に一回行なえば、一ヶ月で手に入るお金はちょっとしたOLの月給よりも多くなるのです。
こんな状況を味わってしまうと、まともに働くことなどバカバカしくなってしまうのは仕方のないことかもしれませんね。
最初は援助交際をすることに抵抗を感じていても、簡単にお金が手に入ることを覚えてしまうとやがてそんな気持ちも薄れてしまうのです。
でも将来大人になって援助交際から卒業できたとしても、援助交際をしていたという事実は心の奥底から消え去ることはないのですよ。
競争に打ち勝つ
援助交際をする魅力は、何といっても簡単にお金が手に入るということでしょう。
確かに普通にアルバイトや仕事をしているよりもはるかに短時間で多くの金額を稼ぐことは可能といえます。
しかしそれは昔のこと、最近は事情が異なってきているのです。
というのも、出会い系サイトなどのネットを利用すれば簡単に援助交際ができるようになったことで多くの女性が係わる様になってしまいました。
つまり、ライバルが増えたというわけなのです。
女性もライバルに対抗するアイディアが必要に
昔は援助交際をする女の子も今ほど多くなかったので、援助交際をしているだけで多くの男性から「需要」があったものです。
けれども多くの女性が係わる現在では、ただ「援助交際をしています」だけでは男性を魅了することができなくなってしまったのです。
魅力的であったり援助金額が少な目であったりといった、男性にとってのメリットがなければ援助交際候補には入ることができないのです。
援助交際はその気さえあれば誰でもできる換わりに、誰でもが成功するわけでもありません。
ライバルに打ち勝つための努力がなければ、援助交際をいえども上手くいかないのが現状です。
援助交際することを肯定するわけではありませんが、「簡単にお金が稼げるから」といった安易な思いで始めるのであれば、最初からやめておくほうが無難です。

援助交際が発覚したときの恐ろしさについて

援助交際で立件されてしまったら、もうその後の人生は大きく違ったものになっていくでしょう。
大人の女性とのセックスフレンドとしての関係であれば個人で自由に楽しむのが暗黙の裡に許されてはいますが、その相手が未成年となるとこれはもう完全に犯罪になるのです。
セックスフレンドの間では、恋人や夫婦のように無償で身体の関係を持つものですし、金銭授受に関するトラブルの心配はありませんが、援助交際では未成年を淫行に染めるだけでなく、違法な売春行為としての悪質な犯罪になりますから、
罰金を支払うだけでは済まないでしょう。
援助交際をしていた経験が広く知られてしまうと、それはもうどんなに洗っても一生落ちないシミのようなもので、どこに行くにしてもあなたの評価を下げてしまいます。
今やっている仕事を解雇されるだけでなく、その後の働き口にも困るといった具合で、本当に困窮状態に陥りかねません。家族を持っている男性は、妻や子供を路頭に迷わせるという新たな罪をさらに上塗りすることになるでしょう。
実名報道でもされたなら、行く先々で後ろ指を指されたりして、いつでもどこでも自己評価を下げるような人々の視線にさらされるのに耐えられなくなってきます。
精神的にも経済的にも追いつけられていくと自殺願望も芽生えかねませんから、そこまでの事態にならないように、援助交際には絶対に関わるべきではないのです。

援助交際はいつかはばれるもの

援助交際はばれないと高をくくっていても、ちょっとしたきっかけがあればどこかに噂が漏れていき、いずれ警察や家族に知られるのも時間の問題となるでしょう。
援助交際の相手である女の子は、何らかのわけありの事情を抱えていることも少なくないので、それで警察にお世話になった時に持ち物を確認された際援助交際の事実が発覚するパターンが多いのです。
ですので、援助交際で逮捕されるのは忘れたころにやってきます。
未成年を相手に援助交際をしていたとなると、ただ罰金を払ったりするだけで済むのではなく、最悪の場合後々の人生に深刻な加賀を落としかねないくらいの影響を与えてしまいます。
実名報道されたり、事実を知った家庭では離婚沙汰になったりと、まさに援助交際がばれるイコール人生が破壊されると言っても過言ではありません。
それに、誰にでもその場ですぐに見た事実を発信できるようになっている情報社会の現代では、いつどこで誰に援助交際や不倫の現場を目撃されて、悪意のある人たちにばらされるかわかったものではありません。
たとえ友人知人が近くにいなくても、自分のやることを誰かに見られているリスクは常に存在しているのです。
援助交際の発覚によって社会的な地位が危ぶまれるだけではなく、性病を移されるという不運に見舞われる人もいます。
若い女の子には不特定多数の男性と経験のある子もいるでしょうし、見ず知らずのそんな女の子たちと関係を持つのは性病のリスクも跳ね上がるわけです。
犯罪者としての烙印を押され、さらに病気の身体を抱えながら辛い人生を送る前に、援助交際は絶対に避けたいですね。

欲望をコントロールできなくなった結果の援助交際

男性は性欲が強く、女性はそれよりも物欲の方が強いと一般には考えられています。
欲望がある程度存在しているというのは、肉体的にも精神的にも健康である証拠にもなりますが、それが行き過ぎるとあっという間に生活に破綻をきたすので難しいものです。
女性の場合は、自分の見栄や物欲を満たす手段としてのお金を得るために、男性との愛情のない肉体関係を持つのにも抵抗が無い人は一定数います。
不況の現在女性にも厳しい雇用状況が続いていますから、楽に稼げる方法として風俗業界にも興味を示す人はいるでしょう。
若い女の子は主にアルバイトでしか稼ぐ手段にはなりませんが、非正規雇用で稼げる金額にも限界があるので、援助交際に流れてしまう子も多いのです。
生活しようと思えば贅沢するのを我慢しさえすれば人並みに暮らせるのですが、一度欲求にかられてしまえばスレを自制するのは困難です。
自分の大切な体を売ってでも叶えたい欲望というモノにはいったいどれだけの価値があるでしょうか。
一時的な欲望に流されて、自分の一生を棒に振ってしまわないように、自分の衝動や欲望をコントロールしなければなりませんが、それは特に若い子たちには難しいことでしょう。
親や教師の目が無ければ、いくらでも好きなことをする可能性はどんな子供にでもありますから、売春をさらに厳しく取り締まりでもしなけえれば援助交際の問題も解決しないと思います。

出会い系サイトに入り込む未成年女性

生物学的に男性が子孫繁殖能力の高い若い女性たちの方に性的魅力を感じやすいのは当然のことです。
遺伝子は無意識のうちに生き物たちを強く支配していますが、理性的な人間もその例外ではありません。
若い女性を好む本能が行き過ぎた場合は、ペドやロリコンにもつながりかねません。
援助交際は、男性にとってはお金を払えば若い女の子が寄ってくるという美味しい構図で、危険だとは分かっていてもどうしても興味を持ってしまうのが本音でしょう。
出会いアプリは未成年には登録できないよう規制されていますが、それを徹底して遵守している良心的なサイトがいったいどのくらいあるでしょうか。
未だに悪質業者がはびこっている出会い系業界では、未成年が酸化しているサイトも少なくはないかもしれません。
年齢制限が確かに行われていない出会いアプリを利用していると、男性にそのつもりが無くても未成年の女の子から援助交際に誘われるときもあるでしょう。
特に、身体の関係を持つ代わりにお金を出してほしいと要求してくる女性はその可能性が高いので軽軽しましょう。
すぐにセックスができるなら、お金を払ってでもその女性と会いたいと衝動的に考えてしまいますが、常識的な感覚がマヒしていなければそれはおかしいとすぐに気づくでしょう。
援助交際は一度でも経験すると取り返しのつかない事態に陥りかねないので、徹底的にそこから遠ざかることで自分を守っていきましょう。
女の子たちの方でも、単なる物欲を満たすために本当に大事なものを失ってしまわないか、よく考えてみなければならないでしょう。